ヘアデザインの答えはゲストの中!オンリーワンのショートボブ

  • LINEで送る

ミディアムからのバッサリカット

オンリーワンのショートボブ

 

彼女の持っている雰囲気から探す、本当に似合うヘアスタイル。

 

雑誌の中には無い、オンリーワンのヘアデザイン。

 

オンリーワンといっても決して奇抜を狙うのでは無い。

img_5239

本当に似合うヘアスタイルは雑誌の中には無い。

 

目の前のゲストのお顔立ちや背丈、ファッションなど。

その人特有の空気感を見る。感じる。

 

 

そこから組み立てるヘアデザイン。

 

img_5313

 

 

目の前のゲストが本当に欲しているヘアデザインは、決して雑誌のモデルにあるのではない。

そのモデルだから似合っている。この表現が正しいだろう。

 

 

本来はもしかしたらその人自身が身につけたいヘアスタイルのイメージは存在するのだろうが、それを表現できないから、視覚効果のある雑誌や写メなどに頼っているだけなのだろう。

 

 

 

 

Hair Roomでは、髪型を決める時にヘアカタログなどの雑誌を渡すことは無い。

 

せっかく信頼してHair Roomに来て頂いたのだから三浦自身の感性と技術でゲストにお応えしたいのだ。

 

雑誌からヘアデザインを探そうとすると、どうしてもモデルの顔が気になって純粋に目の前のゲストにフィットさせることができないからだ。

これは個人的な考えになるのだが。

 

img_5312

 

 

 

 

 

ゲストの<before>と<髪質>

 

カットさせて頂く前は、ミディアムのワンレングス。 顔まわりに縮毛矯正の残り。

 

髪質は、くせ毛で柔らかい。

 

縮毛矯正をやめる考えに変わったのはこの一年くらいらしい。それまでは中学生の頃からずっと当たり前のように縮毛矯正をやっていた。

 

 

 

今回はHair Roomに初めてのご来店にも関わらずブログから信頼をして頂き、思い切ってすべてを僕に任せて頂けた。

 

これが、自分の目指す初対面のゲストとの理想的な関係である。

 

 

ミディアムからのバッサリカット。なかなか勇気のいる選択肢である。

 

 

<after>

くせ毛ボブくせ毛ボブimg_527920161110_11

 

スタイリングはハンドドライ後にワックスを揉み込んだ。

 

 

 

お顔はお出しすることは叶わなかったが、彼女は可愛らしい中にもどこか色気のある雰囲気を漂わせていた。

 

だから

魅力ある大人の女性への第一歩として、彼女特有の色気を引き出しつつも可愛らしさの残るヘアデザインにしたかった。

 

 

 

何度も使わせて頂いている画像になるのだが、やはり

img_5165

 

一人の人間という素材が一番大事である。

 

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。