アラフィフ(50代前後)にオススメなショートの髪型

  • LINEで送る

 <髪にハリ・コシが無くなり、年齢とともに欲しいはずのボリュームが出にくくなってくる>

 

特にアラフィフ(50代前後)になってくると、それが顕著になってくる。

 

年齢を加える事によっての髪の毛の自然現象であるので、こればかりは防ぎようが無い。

 

どんなに良いと言われるシャンプーやトリートメントを使い、ヘッドスパをしたとしても、所詮自然現象相手には敵わない。

 

image

 

 

であるならば、美容師ができる事は何であるのか?

 

僕が考えうる髪にボリュームを出す方法は

 

  • カットでボリュームを出すようなヘアスタイルにする
  • パーマでボリュームアップを狙う
  • ヘアカラーで立体的に色を入れていく

 

 

美容師の3大基本技術である

カット・パーマ・カラー

に最終的には行き着くのではないだろうか。

 

 

カットでのヘアスタイルあってのパーマ。

カットでのヘアスタイルあってのカラー。

 

 

髪がまだ元気なうちはパーマとカラーの併用もいける。

 

しかし、加齢と共に髪質もダメージしやすくなってくるので、パーマやカラーの選択肢も徐々に絞られていく事になる。

 

 

髪がダメージしないパーマ

髪がダメージしないカラー

 

それらは存在しないのだから。

 

 

年を重ねて、ただでさえチリチリに見えるようになってくる髪質が、カラー剤やパーマ液によってさらにチリチリになってしまえば、もっと老けこんで見えてしまう。

 

それだけは避けたいところなのだ。

 

 

image

 

 

アラフィフ(50代前後)からのボリュームアップで髪がダメージしない選択肢は

 

 

パーマは髪がダメージする。

カラーも髪がダメージする。

 

でも、カットはよっぽど変な切り方をしない限り髪がダメージする事は無い。

 

 

もし仮に、カットで髪がダメージするとしたら

 

髪を梳く為のスキバサミの刃が切れなくなっている

スライドカットでガリガリと髪を引っ張りながら削っている

乾いた髪をレザー(美容師用カミソリ)で切っている

 

以上の事が考えられるが

 

まぁ、技術力のある普通の美容師なら上記のようなことにはならないだろう…

 

 

一番大切な事は

カットで”カタチ”をしっかり作る事。

 

20151010_7

 

 

 

次に白髪が気になるならグレイカラーを。

もし、もう少し髪にボリュームを出したいならパーマを。

 

 

ただし、アラフィフ(50代前後)

からは加齢により髪がよりダメージしやすくなるので、薬剤を使うカラーやパーマはどちらかにしたほうが無難であると思う。

 

 

アラフィフ(50代)からのオススメな髪型は

 

アラフィフ(50代)以上にオススメな髪型=

髪にボリュームが出やすい髪型+髪にダメージが蓄積しない髪型

ショート

 

 

やはりアフィフ以上の髪型はショートが定番なのではないだろうか。

 

 

 

 

横浜からいつも銀座まで来て頂いているHさん。

 

 

Hair Roomのドライカットで、スタイリッシュなショートに。

 

 

after

image image image

 

 

”年相応”の素敵な雰囲気を引き出す事は、その人が本来持っている素の魅力を発揮できるということでもある。

 

その魅力を探し出し、提案させて頂ける事も美容師の喜びの一つでもある。

 

 

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




HairRoomがお休みの時でも


24時間ご予約可能。


 


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。