強いくせ毛のカット カットに対する僕の思い

  • LINEで送る

強いくせ毛のカット

 

パッと見た目、カットをするのをためらうくらい難しい髪だと思った。

 

「手に負えない」

 

そんな声も聞こえてきそうだったが、どんな感じに変わったのだろう。

手に負えないくせ毛 美容師のモチベーション

 

実は初めてHair Roomにご来店して頂いた時は、まだ縮毛矯正毛が髪の大半を占め、ハンドブローしかスタイリングはしないゲストにはいささか保守的なヘアスタイルを提案していた。

 

ブローすれば、しっかりとカタチは出るのだが、多くの日本人はブローが苦手。

 

スタイリングも手抜きの人が多い印象がある。

 

難しい髪の人ほど、しっかりとスタイリングをしなければキマらないのは当然の結果だが、時間が無いなどの理由でそこは強制はできるハズもない。

 

僕は、美容師が一生懸命作った髪型なら、ゲストもいままでよりもっと自分のヘアスタイルを大切にし、

 

また自分のヘアスタイルに興味を持ってスタイリングにチャレンジしてくれることを信じてカットに臨んでいる。

 

※ニューヨークドライカットのeijiさんに教えを乞う。

 

だから、これからも生涯現役の美容師を目指し勉強を止める事は無い。

 

 

 

<before>

 

見るからに、強敵。   難しい髪のパターンだ。

 

 

「カットなんて、どこでも同じでしょ。」

そう感じてしまっているゲストを幸せな気持ちにしてあげたい。

 

 

<after>



くせ毛カット

 

スタイリングは中途半端なハンドドライ後にワックスを水で濡らして髪に揉み込んだ。

 

 

 

もう一度<before><after>を見てみよう。

 

 

大きな変化に対応するには日々の技術のトレーニングと、人の気持ちに敏感になる事が大切だと感じる。

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。