縮毛矯正からの脱却 【脱縮毛矯正】バッサリショート

  • LINEで送る

縮毛矯正からの脱却 【脱縮毛矯正】

 

縮毛矯正歴約10年。

自分のくせ毛は全く活かせない。

縮毛矯正はあまり好きではなかったが、美容室での必須メニューとなっていた。

 

縮毛矯正にありがちな、毛先のパッツリ感が嫌で、その毛先にパーマもかけている。

 

カット一本!

 

果たしてその心は通じたのか。

カット一本のこだわり

 

<カットに始まり、カットに終わる>

 

どんな良いパーマだろうが、どんなに良い薬の縮毛矯正だろうが、根本のカットという技術が無ければ、ヘアスタイルのカタチは取れない。

 

自分は、もともと縮毛矯正が苦手なのでカット一本でくせ毛をカバーする為に日々研究をしている。

 

どうして、自分は美容師なのに縮毛矯正が苦手なのか?

 

まず、伸ばさなければいけないくせ毛が伸びない事に尽きる。

 

くせ毛が伸びない縮毛矯正など、やりたい人はいるハズもない。

 

恐らく、潜在意識的にはくせ毛をストレートに伸ばしたいと思っていないのだろう。

 

 

思考は現実化する。

 

このカット道の終わりはもしかしたら無いのかもしれないが、一生続けていく価値のある仕事だと確信している。

 

だから、仕事も毎日イキイキしているように見えるのだろう。

 

 

「最近、痩せた?」

 

 

そんなお声を頂く事も多い昨今であるが、自分は痩せているほうが、動きがスムーズなのであまり気にしていない。

 

 

 

<before>

 

<髪質>

くせ毛、ロング、多い、硬め

<施術歴>

半年前にストレートパーマ、毛先にデジタルパーマ、ヘアカラー

 

 

薬剤を使用する技術が多岐に渡り髪がダメージするのが嫌になったとの事で

バッサリとショートにカットして、かつ自分のくせ毛を活かす髪型にしたいオーダーである。

 

 

ゲストのNさん、10年前にショートにした経験があったのだが、まるで坊や?のようになって以来トラウマとなってその後の人生の選択肢に”ショートカット”は入らなかったそうだ。

 

 

だから、この度の勇気には感服する次第である。

 

 

 

 

<after>

くせ毛を活かすショートくせ毛カット くせ毛カット

スタイリングはハンドドライ後にワックスをフワフワっと揉み込んだ。

ブラシではブローはしていない。

 

 

もう一度<before><after>を見てみよう。

くせ毛カット縮毛矯正やめる

 

活かせないと思っていた自分のくせ毛がイキイキと活かせる事を知ったなら、どれだけこの先楽に過ごせるだろうか。

 

周りからの反応も上々なのは間違いない。

 

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。