自分のものなのに、自分のものになっていない〜からの脱却

  • LINEで送る

強いくせ毛のショートカット

 

約一年かけてやっと自分のものになった自分のくせ毛。

 

一年前はまだ髪の半分以上は縮毛矯正がかかっていたなんて、想像すらできない。

 

縮毛矯正とは完全に決別したゲストの感想を聞いてみた。

 

強いくせ毛を活かした感想

 

いつもHair Roomにご来店して頂いているゲストのAさん。

 

こう見えて、Aさんは一年前までは完全に縮毛矯正しか自分に道はないと思っていた。

 

 

<after>

くせ毛ショートくせ毛ショートくせ毛ショート

 

スタイリングは髪が濡れた状態にくせ毛用ジュレを揉み込んでドライヤーで優しい手付きで半乾きさせた。

 

 

Aさんは自分の強いくせ毛故、縮毛矯正からは逃れられないと思っていたらしい。

 

 

そんなAさんに、脱縮毛矯正をして、自分のくせ毛を活かした髪型にした感想を伺ったところ

 

 

・スタイリングが楽しくなった

・自分の持ち味が出せるようになった

・自分自身を素直に認められるようになった

・モテるようになった

・仕事がいい意味で増えた

 

 

との事であった。

何とも嬉しい限りである。

 

 

何も縮毛矯正が悪者ではないが、縮毛矯正を本当は辞めたいと思っているゲストには、やはりくせ毛を活かすヘアスタイルをオススメしたい。

 

自分のものなのに、本当の意味で自分のものになっていないくせ毛の人は多い。

 

是非、一度Hair Roomにウェルカム。

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。