新しい希望を作る【脱縮毛矯正】縮毛矯正をやめるショート

  • LINEで送る

強いくせ毛でも、本来の髪質を最大限に尊重したい。

 

どうしようもないと思っていた難しい髪質を、カットだけで何とかしたい。

 

潜在的には、くせ毛の人は縮毛矯正をやめたいと思っている事だろう。

でも、自分のくせ毛ではどうにもならないから縮毛矯正をかけている。

 

くせ毛でストレートな髪が好きな人は縮毛矯正をかけなくては希望には叶うまい。

 

しかしもし、自分の難しい髪質でも本来の髪質のまま何とかなる可能性を見いだせるなら嬉しいのではないだろうか?

 

img_5322

何とかなる、というより何とかする。

 

 

<髪質データ>

硬い、多い、強いくせ毛、たくさん梳かれている、縮毛矯正が残る   難易度最高クラス

 

<before>

img_528820161107_320161107_2

 

<before>は前下がりのワンレングス。 くせ毛をできるだけ抑えようとしているカットのカタチであるが、これくらい強いくせ毛に対しては縮毛矯正無しにくせ毛が抑えられる事はできない。

 

どこの美容室でも、必ず縮毛矯正は勧められる。   たしかにくせ毛を活かそうとすると難易度は極めて高い髪質である。

 

 

切れば何とかなるだろうと迂闊には切らない。  しっかりと髪を観察して、どこを切っていったら縮毛矯正した部分をより多く切り落とせるのかは計算しなくてはならない。

 

 

<before>は縮毛矯正した髪が残っていた為に、そこを切り落とした方がヘアスタイルとして成り立つので、ドライカットでバッサリカットさせて頂いた。

 

 

勘違いしてほしくないのは、くせ毛を活かすのはショートでなくてはならない事はない。

 

縮毛矯正した髪が残っていない場合には、無理にショートにする必要はないのである。

 

 

 

<after>

img_5285img_5286 img_528720161107_8

 

スタイリングは髪全体を5割くらい水スプレーで濡らし、くせ毛用ジュレを揉み込んだ。

 

 

くせ毛を抑える事の難しい髪質は、発想の転換でくせ毛を活かす。

 

しかし、なかなか手強い髪質であった。

 

 

もう一度<before><after>を見てみよう。



img_5323img_5291img_5292

 

スタイリングに慣れるまで1週間はかかるとは思うが、ゲストが自分の髪に明るい希望を感じて頂けたら美容師冥利に尽きる思いである。

 

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。