【肯定】自分の髪を好きになる。縮毛矯正やめる。脱縮毛矯正

  • LINEで送る

縮毛矯正やめる。脱縮毛矯正

 

自分の髪質は、縮毛矯正するくらい強いくせ毛。

どこの美容室に行っても、どんな美容師さんにも必ず勧められるのは縮毛矯正。

 

過去に珍しく縮毛矯正をやめる提案をしてくれる美容師さんもいたが、ただ縮毛矯正をやめただけで、髪型としてどうか?の部分はノータッチだった。

 

そんな自分が、まさか縮毛矯正を本当にかけなくとも髪型としてもなんとかなるなんて思わなかった。

img_5242

鏡に映る自分の髪を見るたびに嫌気がしていた

 

自分の髪にはコンプレックスを持っている。

 

鏡を見るたびに億劫になる。

もちろん、美容室に行く事も。

 

 

 

美容室で言われて嫌な言葉は

 

「お休み何してるんですか?」

 

「お仕事何してるんですか?」

そして

 

「クセ、強いですね!」

 

初対面の美容師に休みや仕事を聞かれたくは無い。   はっきり言ってなんの関係があるの??

と思ってしまう。

 

 

クセが強いのはプロなら見ればわかるでしょ? と言いたくなる。

くせ毛を気にしている自分にとっては

その「クセ、強いですね!」はデリカシーが無いと思ってしまう。

 

 

 

 

<before>

img_5189img_519020161103_2

 

 

 根元ウネウネのくせ毛、毛先は縮毛矯正の残りが混合している状態。

 

 

 

自分の髪が難しい事はわかっている。

だから、美容師さんは完全におまかせできる人がいい。

 

 

 

 

 

<after>

img_5194img_5191 img_519220161103_6

 

スタイリングは水スプレーで髪を5割濡らして、くせ毛用ジュレを揉み込んでドライヤーの弱風で丁寧に乾かしてもらった。

 

 

まだほんの少し縮毛矯正の部分は残っているが、だいぶくせ毛ヘアらしくなってきた。

 

 

 

もう一度、<before><after>を見る。

img_5200img_5198img_5199

 

 

ほぼ脱縮毛矯正だが、本当にもう少しで完全に縮毛矯正をやめる状態なのだと思う。

 

 

 

もう少し、あと少し!

 

 

これで、自分は変われる!!

いや、もしかしたらもう変わっているのかもしれない。

 

自分の髪をもっと好きになりたい。

 

 

img_5235

 

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。