アメリカから脱縮毛矯正にチャレンジ

  • LINEで送る

「アメリカに住んでいて、近いうちに行きたいのですが…」

 

 

カリフォルニアに住むOさん。

 

縮毛矯正をかけ続けてきたのだが、やめれるものならやめてみたい。

 

そんな好奇心旺盛にかられ、はるばる飛行機で飛んで来られた。

 

image

 

縮毛矯正歴20年

 

中学生の時から半年に一度必ず縮毛矯正をやっている。

 

伸びてきた自分の髪と、縮毛矯正のまっすぐな髪。

 

 

このギャップがなんとも言えないくらいヘアスタイルにおいてはマイナス要素である。

 

image

 

 

 

 

本当は三ヶ月に一度は縮毛矯正をしないと許せない。   

 

だが、あまりに頻繁に縮毛矯正を繰り返すと髪にダメージが出る。

 

 

 

 

決してまっすぐになる髪は嫌いではない。

もともとまっすぐならどれだけ楽だっただろうか。

 

 

 

 

しかし、

どうあがいても考えても自分の髪は自分の髪。

 

 

 

 

髪質は変わらないのなら、それを活かす手はないだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の縮毛矯正から半年が経っている。

<before>は写真を撮り忘れたが、ワンレングスパターン。

 

 

 

 

 

ワンレングスはまっすぐにカットしてある髪型で、くせ毛にはオススメしない。

 

 

ワンレングスでくせ毛だと、芸人の又吉さんのように個性的になり過ぎるからだ。

 


image

 

まぁ、オシャレなメンズにはアリかな。

 

 

 

 

 

カットは細かく段差を作っていき、あえてくせ毛が動くようにドライカットしてある。

 

 

 

 

 

 

 

<after>

 

脱縮毛矯正脱縮毛矯正 image脱縮毛矯正

 

スタイリングはパーマ用ムースを揉みこんだ。

 

 

毛先10cmにはまだ縮毛矯正毛が残っているが、もともとのご自身の髪の毛の分量が勝りパーマっぽい雰囲気を出せた。

 

 

 

 

 

 

後日Oさんから嬉しいメッセージを頂いた。

 


imageimageimage

 

 

なぜHair Roomに来て頂いたのか?

その目的観を三浦はとても大切にしている。

 

 

でなければゲストに来て頂く意味がなくなってしまうからである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は変わるが

 

当ブログもいろいろな個性的な美容師の目にとまるようになってきているらしい。

 

 

 

当ブログを機に、ドライカットに興味を持って頂ければ幸いであるし、チャンスがあるならば仲間になって頂ければさらに嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、あえて自分の存在を正当化する為に批判の材料にしてくれる美容師も存在する。

 

 

 

 

 

一度でも自分が体験しての感想なら仕方のない話であるが、何の面識も無いドライカットすらも学んでいない美容師からあーだこーだ言われてもなんのこっちゃ?って感じである。

 

 

 

技術を批判するのは結構な事。

だが、同時に自分の知識不足を露呈してしまっていることに早く気が付いた方が賢明だと思う。

 

 

 

 

一度でも話をしたりした方なら話は別であるが、話もした事も無い当然お会いした事も無い人を自分なら到底批判はできない。

 

 

 

その人を知らないから。

その技術を知らないから。

 

 

 

 

人を知らず、技術を知らずどうやって批判できようか?

 

 

 

知ったかぶりもほどほどにして頂きたい。

 

 

 

知らぬは一生の恥という言葉もあるが、そのようなエゴの塊である愚人に褒められるはもっと恥。どうぞ好き勝手に言って頂いて誠に結構な事である。

 

 

 

 

 

僕はあなたを批判したりはしない。

 

image

 

 

 

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。