bi

アメリカから脱縮毛矯正にチャレンジ

  • LINEで送る

「アメリカに住んでいて、近いうちに行きたいのですが…」

カリフォルニアに住むOさん。

縮毛矯正をかけ続けてきたのだが、やめれるものならやめてみたい。

そんな好奇心旺盛にかられ、はるばる飛行機で飛んで来られた。

image

縮毛矯正歴20年

中学生の時から半年に一度必ず縮毛矯正をやっている。

伸びてきた自分の髪と、縮毛矯正のまっすぐな髪。

このギャップがなんとも言えないくらいヘアスタイルにおいてはマイナス要素である。

本当は三ヶ月に一度は縮毛矯正をしないと許せない。

だが、あまりに頻繁に縮毛矯正を繰り返すと髪にダメージが出る。

決してまっすぐになる髪は嫌いではない。

もともとまっすぐならどれだけ楽だっただろうか。

しかし、

どうあがいても考えても自分の髪は自分の髪。

髪質は変わらないのなら、それを活かす手はないだろうか?

前回の縮毛矯正から半年が経っている。

<before>は写真を撮り忘れたが、ワンレングスパターン。

ワンレングスはまっすぐにカットしてある髪型で、くせ毛にはオススメしない。

ワンレングスでくせ毛だと、芸人の又吉さんのように個性的になり過ぎるからだ。

 

まぁ、オシャレなメンズにはアリかな。

カットは細かく段差を作っていき、あえてくせ毛が動くようにドライカットしてある。

<after>

脱縮毛矯正脱縮毛矯正 image脱縮毛矯正

スタイリングはパーマ用ムースを揉みこんだ。

毛先10cmにはまだ縮毛矯正毛が残っているが、もともとのご自身の髪の毛の分量が勝りパーマっぽい雰囲気を出せた。

後日Oさんから嬉しいメッセージを頂いた。


imageimageimage

なぜHair Roomに来て頂いたのか?

その目的観を三浦はとても大切にしている。

でなければゲストに来て頂く意味がなくなってしまうからである。

話は変わるが

当ブログもいろいろな個性的な美容師の目にとまるようになってきているらしい。

当ブログを機に、ドライカットに興味を持って頂ければ幸いである。

image

【Hair Room】 ヘアルーム

 

 

 

<Hair Roomのコロナ対策>

・スタッフのマスク着用

常に換気

・消毒液で毎日こまめに各所殺菌。お客様お一人終わるごとにお席の消毒。

・入り口にて手にアルコール消毒してもらいます

・お客様のマスク着用できます。マスクの紐をクロスして付けると施術に支障がありません。

 

 

 

衛生上の理由により、Hair Roomからお客様へのお飲み物・雑誌のご提供は終了させて頂きます。必要に応じお客様各自におかれまして飲食物・読書物をお持ちください。

特に夏場はドライヤーやアイロンを使用する為熱中症対策に必ず飲み物お待ちください。

<ホームページ&アプリ>

http://www.hairroom-ginza.com/wp/

 

 

<TEL>

08041820408

 

<住所>

東京都中央区銀座3-11-16日向野ビル2F

 

<地図 >

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000224282/map/

 

 

<YouTube>

YouTube Hair Roomブログ

チャンネル登録よろしくお願い致します。

 

 

 

 

リオは第1第3(月)HIROO WORKS勤務になります。

三浦は第2第4(月)はHIROO WORKS勤務になります。 

7月より広尾でのサロンワークを再開させて頂きますので、よろしくお願い致します。

 

http://newyorkdrycut.com/ 


★Hair Roomネット予約★

SNSでもご購読できます。