人生にメスを入れる!完全なる【脱縮毛矯正】縮毛矯正やめる。

  • LINEで送る



 完全なる【脱縮毛矯正】

縮毛矯正やめる。

 

やっとこの日が来た。

長年の縮毛矯正を完全にやめて、髪が自分のくせ毛だけになったAさん。

 

そんなAさんにはいろいろ変化があったようだ。

image

 

たった2回の超繊細ドライカットで【脱縮毛矯正】できた例

 

遡ること約4ヶ月前。   

セミロングの縮毛矯正スタイルを一気にバッサリカットした所からスタート↓

1回目のドライカット

 

この時はたった一回の超繊細ドライカットで、ヘアスタイル的には脱縮毛矯正できた。

 

このヘアスタイル的にはという意味合いは、ヘアスタイル全体で見ると髪型は成り立つ。という事であり、実際は毛先に縮毛矯正の名残があるという事である。

 

縮毛矯正した髪はなかなか無くならないのが現実だ。

 

4ヶ月前のこの時は特に前髪からこめかみ付近に縮毛矯正毛が残ったままになった。

 

そして、今回は前回のドライカットから4ヶ月が経過した。

 

それがコチラ。

image

正面から見てもあまり縮毛矯正した髪が残っているように見えない。

ヘアスタイル的にはまだ総崩れというワケではなさそうだ。

 

image

 

うーむ。

横から見てみても特にぱっと見はわからない。   特にAさんは、くせ毛のスタイリングが上手いので縮毛矯正が残っている髪もうまくくせ毛に溶け込ませているようだ。

 

縮毛矯正が実際に残っている箇所をクローズアップしてみよう。

image

 

 

まだ、Aさんのスタイリングが上手いのでどこに縮毛矯正した髪が残っているのかよくわからない人もいるだろう。

 

一度シャンプーして素の状態にしてみると

image

出た。ここだ。    

根元のウネリと毛先の縮毛矯正毛がハッキリと見えた!

こめかみ周辺にまだ硬さの残る既縮毛矯正毛が残っているのだ。

 

今回はこの辺にメスを入れていこうと思っている。

image

 

 

長年繰り返してきた縮毛矯正をやめて、くせ毛のスタイリングにした4ヶ月に変わった事。

 

Aさんは、前回のドライカットから4ヶ月の間にいろいろあったようだ。

 

髪型を大きく変えて、

 

自分の髪を大切に想うようになった。

やりたい仕事が取れるようになった。

自分の表現がしっかりと出せるようになった。

image

 

など、少し聞いただけでも切らせて頂いた僕も美容師冥利に尽きるような大変嬉しい話を頂いた。

 

 

髪型を変えるとその後の人生も変えるという一つの事例が垣間見える。

 

なぜ、

髪型を変えると人生が変化するのか?

 

それはただ髪型という枠やカタチが変わったから、というものでは決して無い。

 

 

<長年の縛り>勇気をもって一気に変えるというチャレンジ精神が自分の人生全般に波及していく。

 

これだろう。

また、ここにこそ自分の人生を自分自身でコントロールしていけるヒントがあるように思えてならない。

 

厳しい言い方をすれば、もし自分の人生において全く納得のいっていない人がいるとすれば

 

恐らく髪型に関しても今までの固定ヘアから脱却できてはいないのだろうと思う。

 

あーでもない、こーでもないと

ウジウジ考えすぎて、手も足も出なくなっているようなら

 

一気に髪型を大きく変えてみてはいかがだろうか?

 

思いついたら即行動!  

 

 

after

今回もAさんのくせ毛を存分に活かすようにカットさせて頂いた。

くせ毛カット 縮毛矯正やめる

 

嬉しそう。

くせ毛カットimageimage

 

横からも後ろからもバランスが大切だ。

 

 

もう一度見てみよう。

縮毛矯正やめる脱縮毛矯正くせ毛カット

 

beforeの状態も悪くはないが、afterの方がより軽やかになった。

 

この調子で人生も軽やかなステップで進んでいってほしい。

 

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




HairRoomがお休みの時でも


24時間ご予約可能。


 


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。