bi

カット技術の新しい発見!前髪のこだわり

  • LINEで送る

毎月スタッフリオの前髪を

いつも同じ感じで

当たり前のように切っていた。

でも

いつも右側の端っこが重くなるらしい。

さてと、よく見ると

やっぱり右側の端っこが重い。

あれ?

気がついていない自分!?

“カタ”としてのカット技術から、”個別対応”のカット技術へ

“カタ”としてのカット技術には限界がある。

くせ毛に対応できなかったり

カットで質感のよい髪を作らなかったり

さらに細部に至る所はなおさら。

 

しかし現実は“カタ”止まりのカット技術が多い。

自分自身もそうありたくないのに

今回のようにいつの間にか”カタ”に飲み込まれてしまった…

 

 

 

この問題は根深そうだなぁ。

 

前髪の端っこのわずか2センチの幅。

ここの切り方、というか見方を変えたら

今までと違った髪の質感の、上質な毛流れが生まれた。

 

 

ほんの小さな部分の

ちょっとしたこだわり。

それこそまさに目指すべき

“個別対応”のカット技術

 

 

カットって奥深い。

三浦 和幸

【Hair Room】 ヘアルーム

 

 

 

Hair Roomではお客様へのお飲み物・雑誌のご提供はしておりません。必要な場合お客様ご自身でお飲み物・書物をお持ちください。

今更どこでもそうですが、ウィルス対策は当たり前のようにやっています。 

 

 

<インスタ>

https://www.instagram.com/hairroom.kusege_cut/

<ホームページ&アプリ>

http://www.hairroom-ginza.com/wp/

 

 

<TEL>

08041820408

 

<住所>

東京都中央区銀座3-11-16日向野ビル2F

 

<地図 >

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000224282/map/

 

 

<YouTube>

YouTube Hair Roomブログ

チャンネル登録よろしくお願い致します。

 

 

三浦は第2第4(月)はHIROO WORKS勤務になります。ご予約はHair Roomでもお取りできます。

 三浦は毎週(水)定休

 

http://newyorkdrycut.com/ 


★Hair Roomネット予約★

SNSでもご購読できます。