bi

美容師が信じる技術の可能性

  • LINEで送る

美容師は技術職

これは前々から自分が思い続けている事。

美容師は技術があり

その上で

接客的な要素などが

枝葉のようにプラスされる職だ。

美容師は一番大切にすべき

技術を信じなくては

どうにもならないのだ。

カット技術の重要性

カット技術は

ヘアスタイルを形作る技術。

現代はカットはヘアスタイルを作る

基本中の基本。

ここまでは

どんな美容師も信じて疑わないハズ。

しかし

ただカットするだけなら

ただ形を作るだけにもなる。

カットの重要性や

カットの可能性を信じない

美容師も少なくないのではないだろうか。

形を作る先にあるものは?

例えばカットをしたら

髪が柔らかくなった

 

髪に弾力感、躍動感が出た

 

まとまりが良くなった

 

周りから気がつかれた

実際自分が担当するゲストからは

よくこんな声が聞こえてくるのだ。

これは、

ただなんとなく

髪を切っているだけなら

決して起こりうることのない事だ。

「カットなんかで、髪質が変わるわけがない。

ただ切っているだけなのだから」

との声も外周から聞こえてきそうだが

そんな人の為に

例をあげようか。

刺身を一つ例に出そう。

生の魚は同じ包丁を使っても

素人とプロが刺身を作ったら

味はまるで違うのは昨今有名な話。

同じ魚種 同じ鮮度において

唯一違うのは、板前が信じて訓練してきた

魚を捌く技術・包丁の入れ方など。

味というのは

ただ味がするだけではない。

味覚と同時に、食感というものが

“うまい”

という言葉に含まれるもの。

味自体は同じ魚なのだから

素人が捌こうが、プロが捌こうが

変わらない。

しかし、

切り身の繊維質を考えた

切り方や職人の思いが”食感”をつくる

ものなのではないだろうか。

だからプロが捌く魚は

“うまい”

話を髪に戻そう。

ヘアスタイルはいい悪いは

見た目だけではわからない。

もちろん

見た目の形・デザインが

良いに越したことは無い。

その上で

実際に

その人がそのヘアスタイルを纏った時

体にフィットするような質感だったり

スッと引っかかることがないくらい

髪が空気みたいな質感だったり

刺身の食感と似たようなものだが

髪の質感もカット次第で雲泥の差が

生まれる。

いいヘアスタイルは

見た目のデザインとともに

髪の質感が良いものを言う。

そんな髪の質感を

追いかけていきたい。

【Hair Room】 ヘアルーム

 

 

 

<Hair Roomのコロナ対策>

・スタッフのマスク着用

常に換気

・消毒液で毎日こまめに各所殺菌。お客様お一人終わるごとにお席の消毒。

・入り口にて手にアルコール消毒してもらいます

・店内ではお客様のマスク着用お願いします。マスクの紐をクロスして付けると施術に支障がありません。ヘアカラーでマスクにカラー剤が付きますので、使い捨てのマスクをご持参ください。

発熱、咳の症状がある場合はご来店をお控え願います。

 

 

衛生上の理由により、Hair Roomからお客様へのお飲み物・雑誌のご提供は終了させて頂きます。必要に応じお客様各自におかれまして飲食物・読書物をお持ちください。

特に夏場はドライヤーやアイロンを使用する為熱中症対策に必ず飲み物お待ちください。

<ホームページ&アプリ>

http://www.hairroom-ginza.com/wp/

 

 

<TEL>

08041820408

 

<住所>

東京都中央区銀座3-11-16日向野ビル2F

 

<地図 >

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000224282/map/

 

 

<YouTube>

YouTube Hair Roomブログ

チャンネル登録よろしくお願い致します。

 

 

三浦は第2第4(月)はHIROO WORKS勤務になります。 三浦は毎週(水)定休になります。

 

http://newyorkdrycut.com/ 


★Hair Roomネット予約★

SNSでもご購読できます。