生々しいヘアスタイル写真はカッコ悪い!

  • LINEで送る

生々しいヘアスタイル写真はカッコ悪い。

 

 

 

 

綺麗なモデル

 

難の無さそうな髪質

 

メイク、バッチリ

 

もちろんヘアスタイリング、バッチリ

 

 

 

 

従来のヘアカタログのモデルは

それを読む一般の人から

憧れの目を向けられ、

 

 

自分もこんな風になりたいなぁ…

と思わせるものだった。

 

 

 

画面の中だけの、

生々しくないヘアカタログ。

 

 

 

 

果たして情報が丸裸に開示された今

その効果は本当に

あるのかどうなのかは僕にはわからない。

 

生々しいヘアスタイル写真は、カッコ悪い

 

 

 

 

何故、美容室は

完璧なまでのヘアカタログの撮影に

今も邁進しているのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

カリスマ美容師ブーム時代

 

また、

カリスマ美容師ブームから10年後の

ホットペッパービューティオープン時代

 

 

 

人は

ヘアカタログを見て美容室を決めていた。

 

 

 

 

 

どこの美容室よりも、どの美容師よりも

可愛いモデル、カッコいいモデルを使い

 

 

目立つヘアスタイルを作っていた。

 

 

 

 

 

 

僕はカリスマ美容師時代は

まだ美容師にもなっていなかったので

その時の事は知らない。

 

 

 

ただ、

美容室の予約が超カリスマだと3ヶ月待ち

という異常事態だったと聞いたことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホットペッパービューティオープン時代は

スタイリストバリバリだったので、

 

 

力を入れたウェブヘアカタログは

それだけでお客様のご来店動機に繋がった。

 

 

ダイレクトに。

 

 

 

多いのか、少ないのかはわからないが

有名ではない自分のヘアカタログに

月に20人の新規客が来たことも。

 

 

しかし、

それも長くは続かなかった。

 

 

 

ホットペッパービューティオープンから

2年も経てば、

誰でもウェブヘアカタログの

重要性に気がつき、

今までヘアカタログに

力を入れていなかった美容室までも

 

 

 

メーカーが主催する撮影用講習会

などに参加して、

有名美容室と同じようなクオリティの

ウェブヘアカタログ作れるようになった。

 

 

 

 

 

 

その結果

 

どこの美容室もウェブヘアカタログの

クオリティの平均値が上がり、

どこも同じになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、

同時に消費者(お客様)側も

スマホ普及により

情報精査ができるようになった。

 

 

 

 

 

作り込まれたヘアカタログを

現実味のないモノと判別できるようになり

 

 

 

 

結果、

作り込まれたヘアカタログは

信憑性が低く

自分はそうなれない事に気がついた。

 

 

 

 

お客様側が、

情報収集のプロ化したのだ。

 

 

 

 

 

 

もちろん、

<作品>として作り込まれたものは

素敵なものは多い。

 

 

 

 

 

 

モード雑誌などにでているソレだ。

 

美容師のクリエイティブ作品もソレだ。

 

 

 

 

 

 

これらは、

よほどのハイファッションな人でないと

オーダーは無いので、

 

 

 

あくまで美容師の

<クリエイティブ作品>

であり続けるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現実味のあるヘアカタログの話をしよう。

 

 

 

今のところ、現実味のあるヘアスタイルを

載せている雑誌はほぼ皆無である。

 

 

 

 

 

 

一部コアな美容師が個人メディアを用いて、

”ありのまま”のサロンでのヘアスタイル

ブログに載せているくらいである。

 

 

 

 

 

なぜ、多くの美容師・美容室は

この現実的なヘアスタイルをカタログとして

ウェブに載せないのだろうか。

 

 

 

 

 

 

それは、

作り込まれた煌びやかなヘアスタイルに

見劣りするからである。

 

 

 

 

 

つまり、

現実味のあるヘアスタイルを載せた

美容師・美容室は

 

 

『ここのサロン、下手そう…』

 

と映る。

 

 

 

 

下手そうとお客様に思われたく無いから

現実味が無くとも、作り込んだヘアスタイル

をカタログ化する。

 

 

 

 

だから、

本来サロンで作るヘアスタイルと

ヘアカタログとのギャップが

生まれてしまうワケだ。

 

 

 

 

 

しかし、

 

情報過多な今

 

消費者の情報精査が高くなってきた今

 

 

 

 

 

本当に必要なのは、

それのヘアスタイルを見て自分の髪質に

投影できる、本当に役に立つ現実味のある

ヘアカタログなのではないだろうかと

しみじみと思うのである。

 

 

 

 

そこに信用があるから。

 

 



ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。