本当の遊楽(遊んで楽しむこと)カット技術向上

  • LINEで送る

 本当の遊楽、求道

 

 

 

Hair Roomは休みが多い!と感じるゲストは少なくないと思う。

 

だが、どうか長い目で見て頂きたい。

 

 

最近の僕は目の前の利益はあまり考えないようにしている。

 

 

むしろ将来の伸びしろを大切に、また近い将来に向けての中長期的な利益が最優先である。

 

 

 

今、自分が休みを頂く時は決してただの私利私欲に走っているわけではない。

 

大好きな釣りにも行けていないので、間違いは無い。

 

一応は言い訳をしておく。

 

 

 

 

ただ

たこ焼きは許してほしい。

カットの為に今為すべき事をする。

 

 

 

Hair Roomのウリは誰が何と言おうとドライカット技術に尽きる。

 

 

 

これは自分が決めた事なのだから間違いは無い。

 

だが、まだまだ自分のカット技術に満ち足りる事は無い。

 

 

 

むしろ、やればやるほど自分の課題がどんどん見つかっていく。

 

 

 

 

自分の課題が見つかったらどうするのか?

自分で何とかできるのか?

 

答えはNOだ。

 

 

 

自分で最大限のカットをして、課題が出る。

 

そこはその瞬間の自分の最大値なのだから、自分だけの力では既にどうしようもないところに来るのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲストから満足していただける事は、大変嬉しい事だ。

 

 

しかしながら、そのような時でも自分の心の中には必ず一つや二つ、いやカッコつけずに言うと、何個も何個も課題を感じている。

 

 

そんな時は、できる人の目を借りることが最も大切だと思う。

 

 

 

 

職人気質な美容師は、職業的に自分が一番だと満足しがちではなかろうか?

 

 

 

たしかにそれは大切な精神ではある。

 

 

 

かくいう自分もその部類の技術者である。

 

しかも35歳、あと1ヶ月で36歳。美容師としては脂ののっている時期と世間的には言われる年齢である。

 

 

 

 

 

しかし、ここに落とし穴がある。

 

”自分が一番”は求道者としてはいささか邪魔になる感情でもあるものだ。

 

 

 

 

本当の遊楽(遊んで楽しむこと)とは、

今の自分にとっては”求道”その道を求める事なのだ。

 

 

 

その為なら何でもしよう。

させて頂こう。

 

 

 

この三連休、ニューヨークドライカットのスペシャリストのいる大阪へ足を運んだ。

 

 

大阪へは初めて行くので、緊張感と不安感はハンパない。

 

 

 

 

行こうか行かないか、正直なところ迷ったが

 

尊敬する大好きな某社長のアドバイスが頭から離れず、

 

 

今の自分の技術力の向上と世界観を広げる為にはどのような選択をすべきかを考えた結果、たこ焼きの街に行く決心がついた。

 

 

まず、大阪に着いてたこ焼き。

 

 

 

 

 

ホテルのチェックイン後も、たこ焼き

甲賀流!



 

 

このままでは、まるで大阪にたこ焼きを食べに来た話になってしまいそうなくらいたこ焼きを食べ続けた。

 

 

 

 

 

 

さて、

自分は少々大阪の街を誤解していたようだ。

 

 

 

大阪といえば「なんでやねん!」とか「ぼちぼちでんなぁ〜」とかドキツイおじさんやおばさんが、至る所にいる先入観があった。

 

 

 

しかし、

 

大阪の繁華街は若者で溢れセンスの良いお店がとても多く、

 

短い滞在期間であったが上記のようなテレビで見るドキツイ人は見かけなかった。

 

 

 

 

 

 

センスの良く、明るい街。

 

 

大阪のイメージが大きく変わった。

 

 

 

 

 

そして

本当の目的の場所へ。

 

 

大阪のJIRO work shop は

昨年末、衝撃的な上手さのカットを自分の目の前に出現させた凄腕スタイリストのジローさんがオーナーのサロンである。

 

 

 

 

大阪の中心地・心斎橋の一等地に大きなお店を構えられた心も体も大きな方だった。

 

 

 

 

 

 

ドキドキ!

入店の時。

緊張感ハンパない。

 

 

 

 

 

場所もさることながら、店内のこだわりも凄かった。

 

ここまで、こだわった美容室もそう見れるものではない。

 

 

 

 

 

勉強会もとても白熱。

 

自分の知らないカットの世界観を間近で観察することができ、日々の疑問が晴れていく感覚。

 

 

 

爽快だ!

 

 

ニューヨークのeijiさんの作るヘアスタイルは

 

決して派手ではないけれども、計算され尽くしたという言葉だけでは足りない世界観が凝縮されていた。

 

 

 

これは、実際に目の前で見て髪に触れて見なれければわからない事なので、ここでお伝えしきれずに残念ではある。

 

 

 

髪が一本一本ヘアスタイルに溶け込むような、また手ぐしを通したらツルッとしたような、何とも不思議な感覚のカット。

 

 

 

ここまで、一人一人が主役で、また熱気のある美容師の講習会は無いのではなかろうか。

 

 

 

 

さぁ、サロンに帰って一人のゲストと真剣な仕事をしよう。

 

 

 

 

自分の心は本当は何をしたいのか?

正直に自分自身に応えていく生き方がしたい。

 

 

 

 

今の自分の本当の遊楽とは、イキイキとした求道心にある。

 

 

ニューヨークドライカットの巨匠・eijiさんとパシャリ。

 

僕は少しミーハーなのかもしれない。

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。