美容師の葛藤。

  • LINEで送る

美容師の葛藤

 

こうしたいゲストの要望

こうしてあげたい美容師の腕

その間にある現実のギャップ

 

img_5369

綺麗にしたい! 現実とのギャップ

 

 

本来、美容師はその名の如く美しい容姿を作る職人

 

img_5374

 

だけど、すべての人を一回の施術で美しくできるのか?という答えはYESではない。

 

 

 

髪には施術歴がある。

特に薬剤を使用する施術には相性もある。

 

 

 

例えば

 

カラーで黒染めをした真っ黒な髪に、普通のアルカリカラーをすれば、全く変わらないか、根本の施術歴のない髪型 ばかりが明るくなってしまい、みっともない。

 

理想は均一に髪全体を明るくしたい。

しかし、現実はなかなかそうもいかない。

 

ギャンブル施術としては黒染め部分の髪をハイトーンの薬剤を使い、明るくなるのか?を試す事。

もちろん髪のダメージは避けられない。

 

ここで、ゲストの髪を傷めずに明るくしたいという願望は葬られる。

 

 

まず、髪を傷めずにカラーはそもそも無理なのだ。

黒染めをするときは後々の事を考えて慎重になる必要がある。

 

 

 

また、縮毛矯正をした髪にパーマでカールをつける事に抵抗を感じる美容師は多い。自分もその一人である。

 

ゲストは縮毛矯正で真っ直ぐ綺麗になっているところにパーマをかけたら素敵なヘアスタイルになるだろうと思っている。

想像の中では。

 

しかし、現実は厳しい。

中には運が良く、縮毛矯正をかけた髪にも良いカールがパーマによってもたらさせる事もあるのだが、おそらくその成功率は20%に満たない。

 

残りの80%以上は失敗するという事だ。

 

失敗例の典型パターンは、髪がチリチリになったり、濡れた状態ではテロテロになる。バサバサになる。

 

img_5357

 

 

 

 

野球で例えるとホームランを打つのか?ヒットを狙うのか?は打率に大きく影響してくる。

 

ホームランが出れば狙えば一発逆転だ。覚悟を決めて、一発にかけるべき時もあるに違いない。

img_5354

 

 

しかし、ホームラン狙いでは出塁の確率が下がる。ピッチャーはヒットよりもホームランを恐れる事は言うまでもない。 だからホームラン対策はしっかりとしてくる。

img_5356

 

 

間違いなく、ヒットをこまめに狙う方が打率は高くなる。

 

そう。塁に出る成功率が上がる。

 

 

 

ヒットを重ねるのか?

一発ホームランを打つのか?

 

 

美容師はプロである以上、基本失敗はしてはならない。  失敗をしないということはヒットを重ねていく方が無難であることは間違いない。

 

 

 

年月をかけてヒットを重ねていき、求める髪を作り上げるのか?

 

1回や2回でリスクを度外視してホームランを狙い、求める髪を作り上げるのか?

 

 

 

 

どうしてもホームランを打たなくてはならない場面もある。

 

 

その瞬間のゲストの気持ちがどこにあるのか?

自分とゲスト、両方の腹が決まっているのか?

が判断の基準になっている。

 

同じ素材が一つとしてない髪には、日々葛藤の連続なのである。

 

img_5254

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




HairRoomがお休みの時でも


24時間ご予約可能。


 


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。