<新しい人生の出発に>ニューヨークドライカット

  • LINEで送る

<新しい人生の出発に>

 

 

今の私はどうなのだろうか?

周りの幸せな人と比べて私なんかは…

 

人と比べて自分を卑下してしまう気持ちはわかる。   自分もどれだけ人と比べて自分を卑下してきたことか。

 

今夜のゲストもそんな一人だった。

 

さぁ、変わってみようか!

 

img_5084

感情が溢れ出てくるニューヨークドライカットという技術

 

 

「髪の長さはあまり切りたくない」

「顔も出したくないから、長いままがいい」

 

そんなロングヘアの女性だった。

 

 

 

 

もしかしたら、今までの美容師としての自分だったら

 

 

「そんなんじゃ変わらねぇ」

とか

「今は切る時期じゃあねぇーな」

 

なんて言っていたのかもしれない。

 

 

というか、

今考えただけでもそう言い出しそうで怖い。

img_5092

 

 

 

 

だが今夜は

 

自分自身を卑下する言葉の多い目の前のゲストがの事が気になった。

 

 

口数は凄く多い。

しかし出てくる言葉が

 

「自分よりあんなに可愛い人が羨ましい」

「あんな可愛い人だから〜なんだ」

 

と自分を卑下してしまう。

 

 

 

 

話を伺うと、

 

長い事今の仕事に取り組んでいるが、成果として結びつかず悩んでいる。

「この先はどうしたら良いのだろう…」

 

また

少し前までの恋愛を引きずっていて、落ち込んでいる。

「今でも似ている人を見ると追いかけたくなる」

 

img_5080

 

 

 

 

仕事は自分でなんとかしろ!

新しい恋をするべきだ!

 

 

とついついスパッと正論っぽい事を口にしてしまいそうになったが、そこはなんとか我慢する事をつい最近覚えたらしい。

 

相手は感情豊かな女性である。そしてゲスト。   ちっぽけな理論など通用するわけが無い。

 

img_5095

 

 

そんな説教なのかエールなのかどちらなのか自分でもわからないようなゲストへの激励は

 

これから提供するヘアスタイルで表現しようと思った。

 

 

 

新しいヘアスタイルになれば、彼女の憂鬱な気持ちも少しは和らぐかもしれない。

 

img_5098

 

 

 

 

 

<before>は毛先に力強さがなくなっており、ペラペラになっていたのを<after>では芯のある女性に!と厚みを持たせた。

 

また、トップは髪をかきあげる仕草によって綺麗に毛流が生まれ、彼女の意思を魅せるようにイメージしてカットさせて頂いた。

 

 

このように、美容師としての自分自身の意思をダイレクトにゲストに落とし込めるカット技術がニューヨークドライカットの醍醐味とも感じている。

 

 

ニューヨークドライカットの講師の言葉をお借りすると、

<理論的で感情的なカット>

 

 

自分の内から爆発する、ゲストへの思いを表現できるカット技術がニューヨークドライカットなのだ。

 

 

 

 

 

<after>



img_5076 img_5077 img_5078ニューヨークドライカット

 

スタイリングは、大きめのマジックカーラーをランダムに巻いた。

 

 

 

 

自分の意思に素直に!

新しい事にチャレンジできるように!

臆病から勇気を出せるように!

 

 

 

 

「今日は来てよかった♡」

 

その言葉を聞いただけで、自分が何の為に美容師という職業に就いているのかがヒトカケラわかった気がした。

 

img_5091

 

 

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。