合言葉は?【大爆発系くせ毛】をあえて、活かす!!

  • LINEで送る

【大爆発系くせ毛】とは

 

 

その名の通り、何もしなくても爆発しっぱなしのくせ毛である。

 

100人に2人いるかいないかの大変珍しいくせ毛で、このタイプのくせ毛を素材のまま活かすということはとても難しい。

 

 

それでも、縮毛矯正という選択をしないゲストには覚悟を決めてやるしかない!

 

最近、M(マゾ)なのかもしれないと思うようになってきたのは自分だけだろうか?

 

img_4905

どんなくせ毛でも、活かす! その心は?

 

 

三浦の髪型への基本姿勢は、くせ毛の肯定。

 

くせ毛をあえて活かすには、くせ毛の肯定をしなければ何も始まらないのである。

 

 

くせ毛の肯定=くせ毛を活かす

くせ毛の否定=ストレートパーマ、縮毛矯正

 

 

美容師のくせ毛への対応は上記の2つしかない。

img_4909

 

 

自分のくせ毛がどうしても許せないならば、縮毛矯正をやればいい。

 

自分のくせ毛を好きになりたいなら、くせ毛を活かすカットをやればいい。

 

 

 

 

 

今回のゲストの<髪型データ>

毛量:多い

くせ毛:強烈

硬さ:硬い

広がり:爆発系

 

 

 

<after>

img_483120161009_4 img_483220161009_2

 

スタイリングは水で5割髪を濡らし、くせ毛用ジュレを揉み込んで自然乾燥させた。

 

 

まぁ、爆発系のくせ毛を活かすという事だ。

 

 

 

 

今回の施術はあえて言えば、普通の神経の美容師ならば95%は縮毛矯正を勧めるはずだ。

 

それか、くせ毛を抑えようとワンレングスにカットするだけだろうか。

 

美容師としてもリスクは低いだろう。

 

 

 

 

しかし、目の前のゲストがどうしても自分の髪質を受け入れた髪型にしたいと勇気を振り絞ってHair Roomに来てくれたのだから、

 

その気持ちに応える為には、美容師自身の守りの姿勢を壊さなくてはならない。

 

 

 

 

無論、薬剤などの選定により髪がダメージしたりするような施術の場合はリスク回避が必要なのだが。

 

 

 

 

 

髪質は変えられない。 自分の髪質とは一生付き合っていかなければならない。これが事実だ。

 

そう考えると、ある程度若いうちは縮毛矯正ストレートもアリだと思うのだが歳を重ねるごとに自分の髪質と向き合い、受け入れ、その素材を活かす方が自然なのではなかろうか?

 

 

これこそが、本当のナチュラル志向というやつだ。

 

 

 

シャンプーがオーガニックだから大丈夫とか言っても始まらないじゃないか。

 

シャンプーはオーガニック、髪型は縮毛矯正。縮毛矯正は強い薬剤を使用。

 

 

これでは本当のナチュラル志向ではない。

 

img_4906

 

 

もともと直毛や緩いくせ毛の人は、あまり美容室には困らないかもしれない。

 

 

しかし、どうしても自分の強いくせ毛の髪質をなんとか活かす美容室を探すのは至難の技だと思う。

 

img_4910

 

 

で、あるならば数少ない、どんなくせ毛でもヘアスタイルとして活かす覚悟のある美容師を見つけて来てくれたゲストをないがしろにできるわけはないのである。

 

 

 

普通の神経の美容師だったら恐れ慄いてしまうようなくせ毛を山のように見てきた結果だ。

 

だから、どうかゲストも恐れずにぶつかってきてほしい。 

 

 

 

『どうせまた縮毛矯正をすすめられるに決まっている』は心配無用だ。

 

 

ただし、自分のくせ毛を受け入れる決意が固まったらの話だが。

 

この決意こそが、くせ毛を活かすカットのベースとなる。

 

 

 

 

合言葉は

”三浦さんの好きにしてください”

で通せ!!

 

 

強いくせ毛にはそれ以外無し。

img_4907

 

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。