bi

追い求める技術を自分に問え!

  • LINEで送る

 技術に終わりはない。

今、自分にできるベストを

目の前のゲストに提供させて頂いている。

それは明日、明後日と日を追うごとに

更新しているものだ。

自分にできるベストな技術を

毎日更新していくことが

来て頂けるゲストへの幸せに繋がる

のだと確信している。

今の技術がダメだとは思わないが、明日にはもっと向上していると思う

美容師の技術のルーツは本当に多岐に渡り

人それぞれ信じる道があると思う。

自分自身

今の技術に満足はしていないが

決してダメだとも思わない。

というよりも

今の技術力以外は出てこないのだ。

別に人と比べて

どうのこうの言うつもりも無い。

人の技術をどうのこうの言ったところで

自分の足元の技術力は何も変わらないからだ。

img_4673

人の事を言う前に

まず己の足元をしっかりと固める事が

先決だろう。

だいたい

他の人を知りもしないでグダグダ否定し

自分の技術を正当化している輩の技術は

大したものでは無い事がほとんどである。

自分の知っている技術力の高い美容師は

自分の技術に磨きをかけ

さらにそれを惜しみなく人に伝えようと

している。

隠さない。

秘伝のタレなどくだらない。

決して自分を高みに置き

説法するようなものでは無いのだ。

素晴らしい技術は決して隠すものではなく、惜しみなく伝えるもの

自分の尊敬する素晴らしい美容師は

まず技術を隠したりはしない。

秘伝のタレがどうとか?

この技術は特殊で

選ばれた人しかできないとか?

ハッキリ言ってそんなものはダサい。

胡散臭い。

器の大きさが小さい。

本当に素晴らしい技術は

例え伝えて披露しても

年単位の訓練が必要であり

見てすぐにできる技術では無いからこそ

隠さずにいられるのである。

簡単に覚えられてしまうのが怖いから

秘伝のタレにしてしまうのだ。

素晴らしい技術がもっと美容師に広まれば

ゲストが幸せになる確率が格段に上がるのだ。

”秘伝のタレ”のように隠すような技術は

簡単にマネされてしまうようで

自分の立場が危うくなるのを守る保身に

他ならない。

保身の技術に大したものは無いのは

言うまでも無い事だ。

ハッキリ言おう。

保身の輩に向上はありえない。

img_4726

今日より、明日。

明日より、明後日。

日々の自分自身の技術

を問うていきたいものである。

【Hair Room】 ヘアルーム

 

 

 

Hair Roomではお客様へのお飲み物・雑誌のご提供はしておりません。必要な場合お客様ご自身でお飲み物・書物をお持ちください。

 

 

<ホームページ&アプリ>

http://www.hairroom-ginza.com/wp/

 

 

<TEL>

08041820408

 

<住所>

東京都中央区銀座3-11-16日向野ビル2F

 

<地図 >

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000224282/map/

 

 

<YouTube>

YouTube Hair Roomブログ

チャンネル登録よろしくお願い致します。

 

 

三浦は第2第4(月)はHIROO WORKS勤務になります。ご予約はHair Roomでもお取りできます。

 三浦は毎週(水)定休

 

http://newyorkdrycut.com/ 


★Hair Roomネット予約★

SNSでもご購読できます。