bi

”丁寧な土台作りが髪型の命” くせ毛ミディアム

  • LINEで送る

丁寧な土台作りが髪型の命

くせ毛カットの成否には丁寧な土台が必要である。

くせ毛だからと言って感覚的にメチャクチャにカットしてしまえば、もっとメチャクチャなくせ毛になってしまう。

今回の<before>は一見普通なヘアスタイルだったが、土台がメチャクチャだった。

早速見ていこう。


家の基礎と髪型の基礎

家にも基礎部分があるように、髪型にも基礎部分がある。

<before>

imageimageimage

なんてことはないワンレングスカット(直線カット)で内側が梳いてあるパターン。

どれくらい内側を梳いてあるのかチェックしてみよう。

image

あぁ…

梳き過ぎて、カタチの原型をとどめていない極めてイタイパターンである。

こんなにジグザグにカットされてはまとまるはずの髪もまとまるわけが無い。

もうメチャクチャである。

image

髪質のせいにしてはいけない。

カット技術が低いせいでまとまりが出ないだけだ。

くせ毛は梳けばいいと思っている美容師もいるらしいが、まぁ勝手にやればいい。

しかし、ここまで凸凹にしてまとまるなんて虚言だろう。

ちなみに、髪型で一番大切な土台が一番下の髪(いわゆるアウトライン)

家で例えると基礎部分である。

image

この基礎部分に家が建つので大切なのは言うまでも無い事だ。

だが、基礎部分という所は目には見えにくい所にあるものだ。

髪型に於いても、内側をめくってみないと実際にはわからない。

もし、あなたの家の基礎部分のコンクリートが凸凹のメチャクチャだったらその家に住んでいて安心(安定)するだろうか?

同じように髪型に於いてもこの基礎部分である土台がしっかりしていないと、このように不安定な髪型になってしまうのである。

image

上の画像を見てもお分かりの通り、一番初めに切ったカタチに近いものが出来上がりになっている。

一番大切な土台が不安定では、その後いくら頑張っても

跡を引きづる。

<before>の後ろ姿がまとまりが無いのは、土台が失敗しているからにほかならない。

まずは髪の土台をしっかりカット。

土台を安定させてあげると、その後のカタチは魅力的に仕上げられる。

<after>

imageimageimageimage

スタイリングは水スプレーで髪全体を5割くらいウェットした後に、パーマ用ワックスを揉みこんでドライヤーの弱風で手で揉み込むように乾かした。

くせ毛カット

全身のバランスと照らし合わせても、とても良く似合っている。

もう一度<before><after>を見てみよう。

imageくせ毛カットimage

万事に共通する事だが、どこまでいっても”丁寧な土台作り”が大切である。

image

【Hair Room】 ヘアルーム

 

 

 

Hair Roomではお客様へのお飲み物・雑誌のご提供はしておりません。必要な場合お客様ご自身でお飲み物・書物をお持ちください。

 

 

<ホームページ&アプリ>

http://www.hairroom-ginza.com/wp/

 

 

<TEL>

08041820408

 

<住所>

東京都中央区銀座3-11-16日向野ビル2F

 

<地図 >

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000224282/map/

 

 

<YouTube>

YouTube Hair Roomブログ

チャンネル登録よろしくお願い致します。

 

 

三浦は第2第4(月)はHIROO WORKS勤務になります。ご予約はHair Roomでもお取りできます。

 三浦は毎週(水)定休

 

http://newyorkdrycut.com/ 


★Hair Roomネット予約★

SNSでもご購読できます。