【先入観をたたき壊す】多毛 アラフォーのショートヘア

  • LINEで送る

「ショートにしたいけど、髪が多すぎて膨らむのが怖い」

 

Hair Roomでは、もはや定番中の定番の悩みである。

 

「髪が多い友達がショートにしたら大変なコトになった」

「ネットに書いてあった」

「美容師に難しいと言われた」

 

また、

自分でそう思い込んでいる場合もあるのかもしれない。

 

image

【思い込み、先入観、過去の経験】その全てをとっぱらって頂きたい。

image

 

例え友達がショートにして髪が膨らんだとしても、あなたの髪質とは似て非なるもの。

 

ネットの情報などは鵜呑みにしてはいけない事は知っているはず。

 

何事も「難しいできない」と言う美容師はどこにでもいるし、その1人ができないといって全ての美容師ができないワケではない。

 

そう。

 

あなたは本当は一歩踏み出して新しい自分を見つけたいのに

できない理由を見つけて、本当に不可能にしているだけなのかもしれない。

 

失敗する確率を大幅に減らす方法

image

 

 

空を飛ぶ鳥は空の道を知っている。

生きる為に。

image

 

 

 

海を泳ぐ魚は海の道を知っている。

生きる為に

image

 

技術に生涯を捧げる職人は職人の道を知っている。

それが生きがいである故に。

image

 

 

 

やはり失敗する確率を減らす選択をする為には、【その道を生きがいにしている職人】にお願いしたいものではなかろうか。

 

 

 

僕らで例えるなら、

売り上げばかりに目がいっている美容師

シャンプーやトリートメントを売りこむことに注力している美容師

綺麗な接客が第一、技術は二の次な美容師

経営や株のことばかり考えている美容師

 

上記のような美容師は職人とは言えない。

 

 

 

物事には<絶対>は無いのかもしれないが、気持ちが<絶対にやる!>というベクトルに向いていない人にお願いしてはいけない。

image

 

 

髪が平均値の2倍の毛量のアラフォーをショートにした。

 

どこに行っても髪が多すぎてショートは難しいと言われ続けたこちらのゲスト。

 

例えショートにできたとしても、スカスカに髪を梳かれ過ぎて

なんともまとまり感がなかったそうだ。

 

<after>

imageimageimage

image

 

スタイリングはハンドドライ後にワックスをなじませた。

 

ゲスト本人曰く

「なぜ自分の髪がこんなにもまとまっているのかがわからない(笑)」

だそうだ。

 

 

僕の仕事観は

絶対にゲストにとって素敵なヘアスタイルを作る事であり、

 

いらない物事はとことん捨て、シンプルな仕事をする事である。

image

 

 

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。