50代(アラフィフ)ショートヘア髪型 パーマ

  • LINEで送る

 アラフィフ(50代)の髪の悩みは尽きない。

それどころか、歳を重ねるごとに髪の悩みはどんどん増していく。

アラフィフの髪の悩み

アラフィフの髪の悩みはどんな感じだろうか。

  • ハリコシがなくなってきた
  • ボリュームがなくなった
  • ツヤがない
  • パサパサ
  • 白髪が増えてる

ざっと考えただけで上記のような髪の悩みを抱えたアラフィフは多い。

 

アラフィフの憧れの髪型No.1

そんな50代の髪型で、どの女優さんよりも人気の高い髪型の人はやはり

黒田知永子さんが代表格なのではないだろうか。

 

黒田知永子さんの髪型は、

ハリコシを感じる・ボリューミー・ツヤがある

など

アラフィフの髪の悩みを解消した髪型だったのだ。

だから、人気が高い!

 

もちろん、僕らが目にする黒田知永子さんは普段の黒田知永子さんではない。

ヘアメイクが常に傍につき、髪もメイクもバッチリ。 そう。人にやってもらった姿しか見ていないのだが。

素人アラフィフが黒田ヘアになるには?

もちろん、アラフィフの悩み多き髪がすぐに黒田ヘアにはなれるハズがない。

でも、可能性はある。

 

まず、アラフィフに特に多い無駄なパーマは慎む事だ。

白髪が増えてグレイカラー(白髪染め)は仕方ないしハズせない。

だが、髪にボリュームがほしいからといって強めのパーマをかけてしまうのはNGである。

特に髪が弱くなっているアラフィフ世代は髪をいたずらにダメージさせてはいけない。

アラフィフは特にカット+適度なパーマが大切だ。

カットでもカタチがキマッたら、

ボリュームがほしいトップ周辺だけ、ほんのりとパーマをかけてボリュームアップする。

決して強いパーマでは無く、【ほんのりパーマ】がキーワードだ。

<after>

imageimageimage

カットでは、後頭部にボリュームか出るようにメリハリを効かせた。

パーマはトップのみ、ほんのりとかけた。   ユルいパーマが肝だ。

ユルいパーマは必然的にも使う薬剤のパワーを下げることができるので、髪のダメージを低くできる。

アラフィフの髪型をキメる為に、髪をダメージさせないようにする事が優先だ。

image

  • LINEで送る

【Hair Room】 ヘアルーム

 

Hairstylist Rio

 

Hairstylist Miura

 

<ホームページ&アプリ>

<homepage>

http://www.hairroom-ginza.com/wp/

 

 

<TEL>

08041820408

 

<住所>

東京都中央区銀座3-11-16日向野ビル2F

 

<address>

3-11-16, Ginza, Chuo-ku, Tokyo Higano Building 2F

↓地図 ↓ map

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000224282/map/

 

 

 

リオは毎週(月)HIROO WORKS勤務になります。

※三浦は毎月第2第4(月)はHIROO WORKS勤務になります。

ご予約のお時間には遅刻のないようよろしくお願い致します。 

 

 

【各種クレジットカードOK】

[various credit card OK’s]

 

 

Looking for an English speaking hair salon in Tokyo

 Hair Roomは英語を理解するよう努力していますので、外国人の方にもお越し頂いています。

 


★Hair Roomネット予約★

SNSでもご購読できます。