bi

美容室で”大爆髪”を作る5か条(爆)

  • LINEで送る

”大爆髪(だいばくはつ) ”

何ともヤバイ響きである(笑)

今回はどうやったら”大爆髪”になれるのかを上げておく。

実際には決して試さないでほしい。

そして、以下のパターンに自分が当てはまっていると思う時美容師に決して無理な注文はしないほうがいい。

少しでも担当美容師が、躊躇している様子なら、反対を押し切ること無く諦めるほうが無難である。

美容室で起こる可能性が高い”大爆髪”のパターン5か条

1.もともと強いくせ毛で、その上パーマをかけてしまう時。

一発で爆る。

そもそもくせ毛にパーマなんて必要無し。 カールがもともとあるのだから。

2.強いくせ毛で、髪が多く、毎回のカットでたくさん毛量を梳いている時

何発かで爆る。

いくら内側のみを梳くとしても、毎回髪を梳いていたら梳く髪はすぐに無くなる。 パサパサ、ボアボアのヘアスタイルは何とも魅力に欠ける。

3.強いくせ毛で、縮毛矯正の時に欠かさずに毎回毛先までアイロンを入れている時

何発かで爆る。

美容室でもハイダメージ施術である縮毛矯正を毎回毛先までやると、髪はチリチリになる。

4.ブリーチ毛、もしくはホームカラーを繰り返している髪にパーマをかける時

一発で爆る。

危険極まりない。  ブリーチ毛はそうなると想像に難くないが、ホームカラーは落とし穴である。特に市販の泡カラーはヤバイ…

5.縮毛矯正毛にパーマをかける時

時々爆る。

縮毛矯正の状態により、パーマで綺麗なカールが出る時もあるが、一種の賭けである。

爆!

image

爆!!

image

爆!!!

image

髪は一度ダメージしたら、二度と元には戻らない。  どんなに優秀な高級なヘアトリートメントやサロントリートメントをしても、である。

髪は大切な自分の持ち物。

”大爆髪”は絶対に避けたいところである。

”大爆髪”の危険性の高いゲストからの要望は、Hair Roomの三浦は遠慮なくお断りさせて頂いている。

もっといい選択肢があるはず!との思いで。

image

  • LINEで送る

【Hair Room】 ヘアルーム

 

 

 

<Hair Roomのコロナ対策>

・スタッフのマスク着用

常に換気

・消毒液で毎日こまめに各所殺菌

・入り口に手につけられる消毒ジェル

・お客様も遠慮無くマスク着用できます。マスクの紐をクロスして付けると施術に支障がありません。

 

 

 

衛生上の理由により、Hair Roomからお客様へのお飲み物・雑誌のご提供は終了させて頂きます。必要に応じお客様各自におかれまして飲食物・読書物をお持ちください。

 

<ホームページ&アプリ>

http://www.hairroom-ginza.com/wp/

 

 

<TEL>

08041820408

 

<住所>

東京都中央区銀座3-11-16日向野ビル2F

 

地図 

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000224282/map/

 

 

 

リオは第1第3(月)HIROO WORKS勤務になります。

三浦は第2第4(月)はHIROO WORKS勤務になります。 

6月は広尾勤務無しになります。

 

http://newyorkdrycut.com/ 


★Hair Roomネット予約★

SNSでもご購読できます。