美容師とゲストのレイヤー(旧・段カット)恐怖症を克服する。

  • LINEで送る

 「巻き髪が大好きで、毎日髪をコテで巻いてます」

そんなオシャレさんが僕は大好き。

 

「でも、髪を巻いてもあまり動きが出ないんです…」

うむ。  何故だか教えよう。

 

 

髪に動きが出ない理由

 

髪が動かない。どんなに強くコテで巻いても、ただボテッとしたツマラナイカールしか出ない。

 

image

 

 

そこにはこんな理由がある。

 

  • バキバキの縮毛矯正ストレートパーマをかけている
  • ヘアスタイルがほぼワンレングス(横にまっすぐなカット)

 

バキバキの縮毛矯正はたしかに髪が動かない。

 

でも、縮毛矯正もしていないのに髪が動かないのは

 

カットが原因である。

 

中でも、そのヘアスタイルにレイヤー(旧・段カット)を入れていない事が原因である事がほとんどである。

 

image

 

 

何故、そのヘアスタイルにレイヤー(旧・段カット)を入れれないのか?

 

 

もちろん、ヘアスタイルの狙いがレイヤーを入れないで動きも出さないという選択肢もある。

 

しかし、もし

 

髪に動きが欲しいならば、レイヤーを入れる。  これは美容師の鉄則でもあるのだが、レイヤーを入れれない理由も他に存在する。

 

重めのヘアスタイルが流行していた為、美容師側が髪にレイヤーを入れる習慣が無い為。

 

髪がハネやすくなるから、ゲスト側が「髪の表面を長めに残して内側を梳いて」みたいなオーダーを出し、美容師側がその通りにカットする為。

 

 

たしかに、ただやみくもに髪にレイヤーを入れると、髪は軽くなりすぎる。

 

また、変なレイヤーはバサバサの質感や、その他ヘアスタイルに余計な副産物まで作ってしまう事がある。

 

だから、レイヤーを好んで入れれない美容師も多いのだと思うし、そのような体験を一度したゲスト側もレイヤーを拒否し出すのは想像に難くない。

 

 

 

 

ヘアスタイルにレイヤーを入れたら

 

 

  1. 髪に動きを出しつつも
  2. 過剰に軽くならず重さをキープ
  3. ”おさまり”も良い

 

もし、カットでそんなレイヤーの入れ方があったらいかがだろうか?

 

 

 

 

 

ご新規で銀座の美容室Hair Roomにいらして頂いた大学生のOさん。

 

 

長年同じヘアスタイルに飽き、いろいろな美容室を転々としてきたらしい。

 

 

髪を巻くので、動きが出やすいカットのオーダーを出すと、決まって

 

「今回はレイヤーを入れなくていいのでは?」

 

と美容師側に拒否されていたとの事であった。

そんなに難しい髪なのか??

 

 

たしかに、頭のハチが張っていて少し勇気も必要だったのは事実ではあるが、

ドライカットで繊細に丁寧に髪を切っていけば大丈夫!との確信の元、遠慮なくカットさせて頂いた。

 

 

after

image image image

 

スタイリングは38mmのコテで平巻き。

 

結果は

髪に適度な重さを残しつつ、表情豊かなカール感が表現できたのではないかと思う。

 

そして、ドライヤーで乾かしただけの時点でも、彼女は「どこにレイヤーが入っているのかわからない」との事だった。

 

おさまりもGood!というわけである。

 

 

美容師が臆病になり、ヘアスタイルの提案の幅が狭まってしまえば、直ゲストに影響してしまうだろう。

 

そんなに臆病にならなくてもいいのでは?と思うこの頃である。

 

 

 

 

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。