美容師のハサミは○万円?!

  • LINEで送る

「美容師さんのハサミって、いくらくらいするんですか?」

 仕事としてゲストの髪を切る、美容師になくてはならない道具がハサミだ。

「前髪くらいしか切らないから100均のハサミ使ってるの。」   

とか

「ちょっと奮発して、東急ハンズで髪用のハサミ3000円もしたよ!」

と嬉しそうに話してくれるゲストも多い。

僕も美容師をしていなかったらハサミ一つで数千円も出せば、『なんて高級なハサミなんだ!』と思う事だろう。

しかしながら、仕事としてゲストの髪を扱うのに、100均や数千円のハサミではなんとも心もとないのも事実。

美容師のハサミは○万円?!

美容師の卵が最初に買う仕事道具で一番高いものはハサミだろう。

初めはとても人間を切る技術などは無いから、練習用ウィッグを切るのだが、それでも1〜2万円のハサミを買う事が多いだろう。

意識の高い美容師の卵は最初から5〜6万円のなかなか高いハサミを買う。

無事スタイリングデビューすると、このクラスのハサミを持つようになるのが普通だろうか。

やはり、1〜2万円のハサミと5〜6万円のハサミは使用感・髪の切り心地がまるで違う。

そして、普通のハサミに満足しなくなってくる熟練クラスのオーナー美容師になると、このような煌びやかな装飾を施したオーダーメイドのハサミまで登場することもある(笑)


コレ、ハサミ!?

美容師の僕も驚くくらい煌びやかでカッコイイ。

一本◯十万の超高級ハサミである。

まぁ、ここまでくるとハサミ自体のキレ味というよりも、趣味の領域に近くなってくるのではないだろうか(笑)

 ちなみに三浦自身がHair Roomで使うハサミは、手のひらサイズの小さなハサミを使用している。

image

シンプルイズベストな考え方で、

とても軽量に作られている

ドライカット専用ハサミなのだ。

価格は10万円

さすがにこのハサミを買う事にはためらいもあったが、末長く大切に使用すると決めている。

美容師のハサミは高い!

絶対に床に落とす事は許されない。

  • LINEで送る

【Hair Room】 ヘアルーム

 

Hairstylist Rio

 

Hairstylist Miura

 

<ホームページ&アプリ>

<homepage>

http://www.hairroom-ginza.com/wp/

 

 

<TEL>

08041820408

 

<住所>

東京都中央区銀座3-11-16日向野ビル2F

 

<address>

3-11-16, Ginza, Chuo-ku, Tokyo Higano Building 2F

↓地図 ↓ map

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000224282/map/

 

 

 

リオは毎週(月)HIROO WORKS勤務になります。

※三浦は毎月第2第4(月)はHIROO WORKS勤務になります。

ご予約のお時間には遅刻のないようよろしくお願い致します。 

 

 

【各種クレジットカードOK】

[various credit card OK’s]

 

 

Looking for an English speaking hair salon in Tokyo

 Hair Roomは英語を理解するよう努力していますので、外国人の方にもお越し頂いています。

 


★Hair Roomネット予約★

SNSでもご購読できます。