硬い質感を柔らかい質感にドライカットで変えたショート

  • LINEで送る

ショートにするって、

なかなか勇気がいる。

 

 

特にロングからバッサリカットする時はなおさらだ。

 

 

 

いつも通ってる信頼する美容師にお願いするのもいいけど、

 

刺激を求めて初めての美容室でバッサリショートにしちゃうゲストも結構いる。

 

 

 

 

二か月前にショートにしたゲスト。

 

 

Hair Roomのブランクは約1年半は空いていた。

 

 

その間、美容室を転々としてきたが、なかなか納得のいくショートヘアにならなかった模様だ。

 

 

 

そんな時、ふとHair Roomを思い出して茨城の田舎の村から長い時間かけてご来店してくれた。

 

 

 

 

 

before

image

ハリネズミさん。

 

 

写真は無いが、イメージはこんな感じだろうか。

 

 

 

襟足付近がとても毛量が多く、かつ硬い髪質だ。

 

 

 

beforeはスキバサミでたくさん梳いてあり、その短い髪が手に刺さるほどであった。

 

 

 

 

 

というか、

 

 

針?

image

 

そのくらい硬くてピンピンしている。手に当たるとたしかに痛かった。

 

 

当然、髪全体もパサパサした質感になっており、あまり良くないbeforeだった。

 

 

二か月前にHair Roomに来てくれた時は、まだ針みたいな質感は頭皮の根元付近まであったので、完全には取りきれなかった。

 

 

今回は二か月が経ち、頭皮付近にあった硬い髪が伸びていたので再度、

 

 

柔らかい質感が出るように挑戦した。

 

 

今回ドライカットするにあたり、特に意識した事は

 

 

全体的に丸みを帯びた感じ、かつ重くならない。

ただ重いだけのショートに魅力は感じない。

 

 

トップがペチャンコになりやすく、キノコみたいになってしまいやすいので、流せるようにレイヤーを入れる。

ハチが張って見えないように気配りした。

 

 

 

襟足付近が硬い質感だったので、スライスを細かく取り、柔らかい質感のイメージを持って切った。

チクチクで針みたいな質感とはおさらばだ。

 

 

 

 

そんな所である。

 

 

 

 

 

 

 

after

image image image

 

 

 

うん♡ 

とても可愛い!

 

 

 

襟足付近の質感も柔らかくなっている。

 

 

彼女の雰囲気にもマッチしており、もともとの美人がさらに美人になった。

 

 

ショートヘアは、硬い質感になりやすいレングスの一つだと思う。

 

そんな硬さの残ったショートでは女性の魅力を引き出す事はできない。

 

 

ショートにするならば、柔らかい質感を狙うと、その人のイメージが良くなる。

 

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。