Hair Roomが当日のキャンセルNGの理由

  • LINEで送る

Hair Roomは当日のキャンセルはNGとさせて頂いている。

 

 

そんなカタイこと言うなと思うかもしれないが、サロン存続に関わることなので、ハッキリさせておく。

 

 

理由は明確

1.少人数サロン

2.一人の施術が長い

 

Hair Roomは一件の予約キャンセルが大きな痛手となっている。

image

小さいサロンで丁寧な技術 をじっくり提供したいから

 

 

Hair Roomは小さいサロンである。

そして、丁寧な時間をかけた技術が売りである。

 

image

 

 

だから、1日でできるゲストの数は5〜6名。

ほとんどのゲストはドライカットをしていくので、例え少人数のゲストでも

 

ドライカットのみ1.5時間×5〜6=7.5時間〜9時間

 

それだけで、営業時間目一杯のご予約になってしまっているのだ。さらにカラーやパーマもプラスするとイッパイイッパイになる。

 

一人にかける時間が非常に長いのだ。

 

 

三浦は職人であり、職人は商売があまりうまくない。

店舗を増やしたり、値下げしたり、技術を少し雑にしてゲストを回すことは苦手だ。

 

 

ゲストへの感謝の気持ちは”値引き”ではなく”技術”で表したい。

 

 

現在の自分の技術を最高潮に引き出し、獅子がアリ一匹でも全力で捕獲するかのごとく、ゲストに対している次第である。

image

 

 

カットが30分くらいで終わり、予約の枠を増やす仕事なら一件の予約キャンセルは大して痛手とはならないのだが…

 

image

 

 

前日までのキャンセルなら、まだ次の予約が入る可能性を残せる。できれば前日キャンセルも遠慮願いたい..

 

 

しかし

当日のキャンセルに限っては、お店としては手も足も出ない。

 

はっきり言って当日予約キャンセルはお店としては不利益以外何物でもない。

image

 

こんなことは本当は書こうかどうか悩むところで、書かないに越したことはない。

 

だが、最近は御構い無しに当日予約キャンセルが多い。

 

 

予約をしてくれたゲストもいろいろあるとは思う。

 

仕事が長引いた

具合が悪くなった

不幸があった

子供が熱を出した

 

など。

 

本当に仕方のない場合もある。  それはそれで良い。

 

image

 

 

しかし、

 

寝坊

雨が降っていた

面倒くさくなった

友達と会うことになった

 

など、緊急性を要しない予約の当日キャンセルは本当に頂けない。

 

本当にだ!

image

 

 

大体、当日キャンセルされてしまった時間には数名の他のゲストから予約を入れたいというような連絡があった場合が多い。

 

 

他のゲストを断ってまで、そこの時間を空けておいているのだ。

 

だから、ゲストにも絶対に行く!というある程度の覚悟して予約を入れて頂きたい。

image

 

 

 

でもやっぱり

 

ゲストが来てくれてこそ、自分自身の技術を提供できるワケで。

 

”当日予約キャンセルは全額払い”

なんて芸当もできないヤワな男なのである。

image

 

 Hair Roomに何年も通ってくれているゲスト

ご新規で勇気を持って飛び込んできてくれたゲスト

その両者に感謝してもしきれない。

 

 

ゲストのおかげで、飯が食べれている。

職人三浦として、価値を出させてくれている。

image

 

 

と、まぁ

 

話をまとめると

予約を入れて来てくれて本当にありがたい

 

という事だ。

 

日々の予約に感謝しながら初心を忘れずに仕事をしていきたいものである。

 

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




24時間、Hair Roomがお休みの時でもご予約可能。


ネット予約は予約上限制限がかかっているので、ネットが❎でもLINE予約や電話予約にてご予約をお取りできる場合あり


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。