”くせ毛のバイブル”が、なんとなく髪を梳く文化に警鐘を鳴らす!

  • LINEで送る

<くせ毛のバイブル>

 

 

バイブル

1.
聖書。キリスト教の経典。新約と旧約の二種に分かれている。

2.
(その方面で)権威のある価値の高い書物。 「言語学の―」

image

くせ毛のバイブルとは

 

今夜のご新規でHair Roomに来て頂いたゲストより、当ブログに大変嬉しい称号を頂いた。

 

 

image

 

 

三浦のブログが”心のバイブル”であるらしい。

 

 

どうやっても髪型がまとまらなくて諦めてきたくせ毛の人は多い。

 

その人の何かの役に立ちたいと願っていた自分にとっては、本当に嬉しいお言葉である。

 

 

 

 

 

そんなこちらのゲストの<before>

 

 

うむ。  横広がり系か?

image

 

横から見たら、なんとなくまとまってる様にも見えなくもないが…

 

image

 

 

うむうむ。

後ろから見ると、なんか四角い感じだ。

 

image

 

 

 

 

内側をめくってみると…

 

 

出た! ウネウネの強いくせ毛だ。

image

 

 

 

 

髪が

<太い・多い・硬い・くせが強い>

 

なかなか手強い。

 

 

 

 

 

そして、毛先は

 

ピューーーッ   ヒロヒロ〜〜〜

 

と髪の根元付近から何と無く梳いた感じになっている。

 

毛先はペラペラで、なんとも心もとない雰囲気だ。

image

 

 

 

全体的に なんとなく?無難?

 

そんな印象の<before>である。

 

 

 

なんとなく髪を”梳く”文化に警鐘を鳴らす

 

 

<before>は髪の表面を長めに被せて、内側を軽く梳いてあるほぼワンレングススタイルだ。

 

 

 

 

よく見るパターンでもある。

 

そして、

何の魅力も無い髪型でもある。

 

 

 

 

 

何の魅力も無いと感じる理由は、その髪型に”カタチの芯”が見られないからだ。

 

image

 

要するに、

狙いがわからない。

狙っていない。  狙えない。

どうしたら良いのかわからない。

勇気が無い。

 

 

 

美容師の頭の迷宮がそのまま目の前のゲストの髪型に反映されてしまっているのだ!!

 

image

 

 

 

 

 

内側の髪を梳いた事によって、くせ毛が暴れ出し内側から髪を被せた表面の髪を持ち上げてしまっているために膨張して四角くなってしまう。

 

 

 

一般的なくせ毛対策で美容師の苦肉の策とも言える。

 

 

 

 

 

「くせ毛だから表面の髪を長めに残して、内側を軽くしましょう」

 

 

 

 

そんな苦肉の策ではあくまでその場限りの対策であって、家では全くまとまらない髪型になる。

 

 

仮になんとなくまとまっているように見せられたとしても、シルエットに”カタチの芯”が無く何の魅力も無い髪型になってしまうというオチなのだ。

 

 

 

美容師はカタチの芯を狙え!

なんとなく梳いてごまかすな!

何でもかんでも困ったら梳くような悪しき文化は捨てよ!

image

 

 

 

 

 

 

<after>

くせ毛カットくせ毛カット imageimage

 

スタイリングは髪を水スプレーで髪を少しウェットし、パーマ用ムースを揉みこんだ。

 

 

 

狙いは明確。

<くせ毛を活かし、ゲストの持っているセクシーキュートな雰囲気をさらに魅力的にする事>

 

 

梳きバサミは一切使わずに、梳くカットはせずに カタチだけで髪の軽さと動きを求めた。

 

 

 

 

もう一度<before><after>をみていこう。

 

imageimageimage

 

 

髪の長さはあまり変えないで、カタチを素敵にするよう心を砕いてカットさせて頂いた。

 

 

 

 

ゲストから帰宅後に嬉しいお言葉をさらに頂いた。

image

 

 

くせ毛を活かすスタイリングは慣れが必要なので、諦めないでモノにしてほしい。

ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

ホットペッパービューティーに登録すると、ネット予約ができる。




HairRoomがお休みの時でも


24時間ご予約可能。


 


ホットペッパービューティーネット予約はコチラから♪

SNSでもご購読できます。