bi

難しい髪質のお客様に喜ばれる美容師である為の8つの約束事。

  • LINEで送る

 仕事のやり方は、人それぞれ。

美容師もそうである。

そのやり方が好きなゲストはその人についてくるものだろう。

いいと思ったところは取り入れる素直さはあるつもりだが、僕はあえて自分色もとても大切にしている。

image

そんな美容師である僕が日頃の仕事で意識している約束事が8つあるのでここでご紹介させて頂く。

特に、くせ毛など、難しい髪質のお客様にとても喜ばれている事柄である。

1.

ヘアカタログなどは自分からは見せないようにしている。

その人の個性を十分発揮させたいからだ。雑誌のモデルさんのヘアスタイルにとらわれてしまうと、目の前のゲストの髪質とフィットしない事もあるからだ。

2.

カット中は雑誌を渡していない。

僕のドライカットはゲストの頭を左右前後に動かす事が多く、雑誌に集中されるとスムーズな動作が効かない為だ。

このどちらも全ては目の前のゲストの為。

3.

ゲストの要望は鵜呑みにしない。

プロの美容師としての意見はハッキリ伝えるようにしている。接客重視だとこの辺がうやむやになってしまう。

4.

カットしたいと言われても、カットしない時もある。

ドライカットの”モチ”が良いので、定期的にカットしていたゲストは、一ヶ月くらいではカットの必要性を感じない時が多い。

5.

カット中はあまり話をしない。

集中する為に。あえて言おう。話す余裕が無いくらい必死にカットしている。

6.

寝ているゲストはそのまま切る。

僕も鬼ではない。カットで気持ち良く寝てくれたら本望でもある。しかしながら、そっと頭を支える事はある。

7.

意味のよくわからないカッコいい動きはしない。

いわゆるパフォーマンス的な派手なカットはできない。

ただでさえドライカットは時間がかかるのだ。

8.

職人気質で仕事をしているが、人に失礼のないように、人としての誠実さは忘れない。

お客様と美容師以前に、人と人とである。特に、くせ毛や骨格はその人にとって結構深刻な悩みでもあり、デリカシーにかける発言には気をつけている。

以上、こんな感じで仕事をしている。

ちょっとクセのある人間に思われてしまうかもしれないが、これが三浦流である。

自分が仕事しやすいようにやる事を決めれば、ゲストにも良い技術が提供できる。

Hair Roomではここに重きを置いている。

  • LINEで送る

【Hair Room】 ヘアルーム

 

 

 

<Hair Roomのコロナ対策>

・スタッフのマスク着用

常に換気

・消毒液で毎日こまめに各所殺菌

・入り口に手につけられる消毒ジェル

・お客様も遠慮無くマスク着用できます。マスクの紐をクロスして付けると施術に支障がありません。

・三浦もリオも通勤は自転車

 

 

 

5月中はお客様同士が重ならないようご予約をお取りしています。6月以降は通常営業になります。

 

衛生上の理由により、Hair Roomからお客様へのお飲み物・雑誌のご提供は終了させて頂きます。必要に応じお客様各自におかれまして飲食物・読書物をお持ちください。

 

<ホームページ&アプリ>

http://www.hairroom-ginza.com/wp/

 

 

<TEL>

08041820408

 

<住所>

東京都中央区銀座3-11-16日向野ビル2F

 

地図 

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000224282/map/

 

 

 

リオは第1第3(月)HIROO WORKS勤務になります。

三浦は第2第4(月)はHIROO WORKS勤務になります。 

※5月6月は広尾勤務無しになります。

 

http://newyorkdrycut.com/ 


★Hair Roomネット予約★

SNSでもご購読できます。